お宮参り「赤ちゃんの服装」何を着る?選び方や注意点は?夏や冬の対策は?

お宮参り赤ちゃん服装うどうする

今回は、お宮参りの「赤ちゃんの服装(衣装)」について解説します。

お宮参りが初めてで、「お宮参りで使う赤ちゃん用の着物の名前すら、わからない」という方に 役立つ情報です。

本記事は、このような方へ向けて執筆します

  • お宮参りが初めて
  • 赤ちゃんには何を着せればいいの?
  • どうやって選ぶの?
  • 選ぶときの注意点は?

この記事を読めば…

  • 後悔しない「衣装選び」ができるようになる
  • 下に着る服の選び方を知って節約できる
  • お宮参りでの赤ちゃんの写真写りが良くなる

この記事は、多くのお宮参り撮影をしてきたスタジオGRACEのカメラマンが執筆します

お宮参りへ行くときの赤ちゃんの衣装

  • お宮参りでの赤ちゃんの服装は「正装」

お宮参りでの赤ちゃんの衣装は「正装」される方が多いです。

では、なぜ「正装」なのか、

また、赤ちゃんの正装とは具体的にどんな服装なのかご説明します。

なぜ、お宮参りで赤ちゃんに正装させるの?

赤ちゃんに正装させる理由は、簡単に言うと、

  • 神聖な儀式だから
  • 行事の主役だから

では、もう少し、詳しくご説明します。

お宮参りは、「神様(産土神/氏神様)に、我が子が無事に産まれたご報告と、感謝の気持ちを伝え、これからの健やかな成長を祈願する行事」です。

※ お宮参りに行く時期は、地域や宗教により異なります。

神社という神聖なところへ行くため、赤ちゃんも大人も正装してお参りするのが、昔からの習わしでした。

現在でも、しきたりなどは薄れてきましたが、赤ちゃんは正装のことが多いです。

なぜ主役は正装なのか?

結婚式でも、主役である新郎新婦、そのご両親は正装で、参列者はセミフォーマルです。

これは、主役を引き立てるためもあるのですが、主役は正装をして、来てくださった方々に敬意を表すという意味もあります。

これは、いろいろな行事に共通して言えることです。

赤ちゃんの「正装」とは、どんな服装のこと?

赤ちゃんの正装について、

  • 和装の場合
  • 洋装の場合

を具体的にご紹介します。

赤ちゃんの衣装「和装(着物)」の場合

正式には、肌着(下着)のうえに、白羽二重の内着を着て、宮参り着(産着/お祝い着)を羽織り、よだれかけと、帽子をつけるのが赤ちゃんの正装です。

和装での赤ちゃんの正装

  • 肌着を着せる
  • 白羽二重の内着
  • 赤ちゃん用の着物(産着/お祝い着)
  • よだれかけ&帽子

最近では、白羽二重の内着は着せずに、ベビードレスやロンパース、カバーオールなどを着用するのが主流になってきています。

着物の下に着る服について

白羽二重の内着は、現在、着せている人は少ないです。

ベビードレスをお持ちでしたら、それを使いましょう。

お宮参りのためにベビードレスを買うなら、ちょっと待ってください。

着物とよだれかけをつけると、赤ちゃんが下に着ている服は見えなくなります。

また、首まわりに、えりやレースがあると赤ちゃんの顔が埋もれがち。

写真撮影もするなら、下に着る服は、えりなしのシンプルな肌着が最適

お手持ちの肌着やロンパースで大丈夫ですよ。

普段使いも出来る着心地の良いものを選んであげてください。

① 産着 ( 赤ちゃんにかける着物 )

お宮参りのときに赤ちゃんにかける着物は、呼び方がいろいろあります。

  • 産着(読み方:うぶぎ)
  • 初着(読み方:うぶぎ)
  • 宮参り着
  • 祝い着/お祝い着
  • 掛け着(読み方:かけぎ)
  • 熨斗目(読み方:のしめ)

言い方は違いますが、どれも同じものを指しています。

お宮参りの赤ちゃんの服装では、定番の衣装です。

男の子なら、兜(かぶと)や鷹(たか)などのカッコいい柄で、色は黒や青、紺や深緑が人気。

女の子なら、御所車や毬、鶴など華やかな模様で、色は赤やピンク、黄色や水色が人気です。

産着とは、こういう着物のことです。

産着/初着/お祝い着/掛け着の選び方

衣装を選ぶときの注意点、購入先、レンタル先、料金の相場など

【色・柄】

色や柄は、男の子用、女の子用、ともにパパやママのお好みで選ぶと良いでしょう。

お祝い着は、基本的に「 子どもの成長と幸せを願う思いを込めた柄」ですので、赤ちゃんに似合うものを選んであげればOKです。

一枚の着物にいろいろな柄が描かれていますが、全体的に縁起の良いものばかり描かれています。

人気がある衣装は、レンタルの場合、早めに予約しておくのがおすすめです。

お宮参りの産着 柄の意味

衣装のデザインを選ぶときのご参考にどうぞ♪

【 兜 かぶと 】

豪華な飾りのついた兜=権威、高い地位の象徴

災難や邪気、厄難から男の子を守る。出世や大成を願う。

【 鷹 たか 】

鷹狩 → 身分の高い人たちで行われていた = 高い地位や権威の象徴。出世や大成を願う。

鷹の目 = 本質を見抜く力、先を見通す力の象徴

鋭い爪 = 運や幸せをしっかりつかんで離さない

【 束ね熨斗 】

たくさんの人から祝福を受けていることや、周囲と幸せを分かち合ってほしいという願いがこめられている。

人と人との絆、つながりを表し、長寿の象徴でもあるため、男児・女児の着物に描かれる。

大人の装いである振袖や訪問着にも描かれるお祝いでは定番の古典柄

【 花車・御所車 】

貴族の乗り物→気品ある文様

花→周囲からのたくさんの祝福

お宮参り着だけでなく、大人の礼装の着物にも多く使われる定番柄

【 毬 まり 】

蹴鞠(けまり)→貴族の遊び=高貴さ、気品を表す

毬=「丸い」から、物事が丸く収まりますように、まるまると大きく育つようにとの願いがこめられている。

【 鈴 すず 】

鈴の音=邪気を払う。神様に呼びかけ、祈りや願いを伝える。神や幸運を呼び寄せる。

【男の子で家紋を入れる場合】

下記の注意点へ

  • 家紋を入れるなら、早めの準備が必要
  • 注文からお届けまでに1~2か月かかることもある

産着の家紋、入れ方や価格については「コチラ」に詳しく書いています。

お宮参りの衣装 家紋の選び方、入れ方

【生地】

生地は、オールシーズン用と夏用があります。

夏用は「絽(ろ)」という生地で薄く、通気性の良いものです。

◆写真を撮影するならここに注意!

生地が薄く透けるように織ってあるため、産着の模様がハッキリと映らないことがあります。

下記の注意点へ

【購入先】

衣装を購入するなら

  • 呉服屋
  • 百貨店・デパート
  • ベビー用品店
  • インターネット通信販売(ネット通販)

価格は、1万5千円~20万円前後。

3万円~8万円が良く売れている価格帯。

スタジオGRACE
馬場みのり

お宮参りの着物を七五三で使うなら…

  • 女の子なら3歳(7歳は無理)
  • 男の子なら3歳(仕立てによっては5歳も)
  • 仕立て直しが必要
  • 被布コートや袴の買い足しが必要
【レンタルできるところ】
  • 貸衣装店
  • 一部の写真館(フォトスタジオ)
  • 一部の出張カメラマン
  • ネットのレンタルショップ

レンタル価格は、写真館やスタジオなら無料~。

貸衣装店、ネットなら、5千円~3万円。

5千円~1万円が多い価格帯です。

  • レンタルの場合は、汚してしまった場合や破損したときのことを必ず確認しましょう

たとえば、こちらのレンタルショップでは、汚れや破損の場合も大丈夫な安心保証付き。

赤ちゃんはミルクを吐くことが多いので、こういったサービスがついているとレンタルしやすいですね。

② よだれかけ

  • よだれかけをつけるのが正装
  • 産着の汚れ防止にも役立つ

お宮参り用のよだれぁぇは、鶴や亀など縁起のいいモチーフを使用したデザインが主流。

レースやフリルのついた華やかなよだれかけは、つけるとお祝い感がアップ!

スタジオGRACE
馬場みのり

衣装に合わせるよだれかけは、ご祈祷と記念撮影する時につけます。

それ以外は普段使いのよだれかけをつけるようにしましょう。

「お宮参り用のよだれかけ」を汚さないために

  • お宮参り用よだれかけは、ご祈祷と写真撮影のときだけ使う
  • それ以外は、普段使いのよだれかけを数枚用意しておく
【よだれかけ 選び方と注意点】
  • 自宅で洗える素材を選ぶと経済的
  • 単品で買うより、帽子や小物とセットのほうがお得
  • 衣装をレンタルする場合はセットになっていることが多いので購入前に要確認
  • 写真館(フォトスタジオ)で無料レンタルできるお店もある

よだれかけの留め部分の種類は、サイズ調整が簡単なリボンタイプを選びましょう。

よだれかけ & 帽子 のほか、でんでん太鼓や犬張り子など お宮参りアイテムが すべてセットになったものもあります。

③ 帽子

  • 赤ちゃんを紫外線から守るために必要
  • 写真撮影時は、顔がかくれるようなら脱がせましょう

昔は、大黒様がかぶっているような形の帽子でした。(←今でも売ってます)

現在は、頭をスポッと包み込むような形のものが、主流。

よだれかけとセットで販売されていることが多いです。

大黒帽は、こちら

縁起の良い形で、可愛いです。

男の子、女の子、兼用。

頭を包み込むタイプは、やさしく可愛らしい雰囲気。レースが日よけの役割もしてくれます。

洋服でも和服でもOKなデザインなら、お宮参りだけでなく、お食い初めやお誕生日、セレモニー等で使えて便利です。

④ 祝着の下に着る服

上記でも書きましたが、

  • 下着は見えないので、季節や気温に合わせて選ぶと良い
  • 暑さ対策なら、薄手で通気性がよく吸水性のよいガーゼ素材や天竺素材
  • 寒さ対策なら、保温性の良いスムース素材やパイル素材

色は、白、パステルカラー、ナチュラルカラーがおすすめ。

首元からチラっと見える可能性もありますので。

スタジオGRACE
馬場みのり

産着の下は何を着ていても良いのですが、カメラマン目線で言うなら

首周りのスッキリしたシンプルな下着が、おすすめ。

下着が分厚かったり、えりつきの場合、産着に赤ちゃんのお顔がうもれてしまうため、撮影には不向きです。

赤ちゃんの衣装「洋装」の場合

  • 洋装では、ベビードレス・ケープ・よだれかけ&帽子が「正装」です

ベビードレス

ベビードレスは、退院するときに着たものがあれば、それを使ってOK。

洋装の場合は、ベビードレスの赤ちゃんを抱っこし、ケープを羽織り、よだれかけ、帽子をつけるのが正装です。

しかし、ケープなしで、お参りされる方も多いです。

赤ちゃんが洋装でお参りする場合は、ママの服装も洋装にするとバランスが良いです。

ケープ

ケープは、和装の産着のように使います。

赤ちゃんを抱っこして、包み込むように着用。

レースやフリルが多いものは、上品で豪華な印象に。

スタジオGRACE
馬場みのり

着用は、背中でリボンを結ぶだけ♪

和装より簡単です♪

よだれかけ

よだれかけは、ベビードレスのデザインに合わせて選ぶと良いでしょう。

ベビードレスやケープとセットになっていることも多いので、買う前に確認しましょう。

ドレスが豪華なら、よだれかけは少し控えめにしても♪

シンプルでレース使いが可愛いよだれかけは、どんなドレスにも合わせやすいです。

帽子

洋装の帽子は、レースやリボンがついてかわいいデザインのものが豊富。

スタジオGRACE
馬場みのり

お値段もお手頃価格の物が多くて良いのですが、あまりにも安いものには注意が必要。

生地や縫製がお肌にチクチクしないか、赤ちゃんが着用する前に確かめましょう。

ベビードレスの下

ベビードレスの下には、先ほど和装のところでご紹介したシンプルなロンパースや肌着がおすすめです。

色は、ベビードレスが白なら、下着も白で。

産着(初着/掛け着/お祝い着)を用意するときの注意点

  • 両家のお祖父母様、御親戚、ご兄妹が初着を持っていないか、まず確認しましょう。
  • 衣装を購入する際、男の子用で家紋を入れる場合は紋入れにかかる期間も考慮しましょう。

お宮参りで赤ちゃんの衣装を購入される場合、男の子の衣装には家紋を入れる事が多いので、紋入れに1ヶ月くらいかかります。

( 男系の家紋を入れます )

お値段はお店によって違いますが、5つ紋で2万円くらい?

( 衣装に石持があるか無いかで紋の入れ方が違うのと、紋合わせ代とか取られる場合もありで差がでます )

貼り紋と言ってシールの物もあるのでそれだとかなり安価です。

女の子の場合はほぼ入れません ( 由緒正しきお家なら入れられるかも?ですが… )

なので、購入の場合はお宮参りの最低でも2ヶ月前くらいには準備をおすすめします😊

早い方だと、性別が判明した時点で探し廻られる親御さん ( 祖父母さん )もいらっしゃいます😊

紋入れを知らずに直前に買いに来られ、紋無しで使うと購入されたものの、

親子関係 ( この場合、祖父母と赤ちゃんの親 ) や、両家の関係がぎくしゃくしたり、

些細なことがトラブルになったパターンもありました😅

なので、ご準備はくれぐれもお早めに😊

Facebookでいただいたコメントより抜粋
  • レンタルする場合、人気のある柄の衣装は早めのご予約が必要です。
  • 写真館やスタジオ、出張カメラマンに撮影をいらいする場合は貸衣装が無料のことが多いので確認してみましょう。
  • レンタルする場合、汚したときのこと、破損したときのことは必ず確認しておきましょう。

夏のお宮参り 赤ちゃんの衣装と暑さ対策

赤ちゃんは体温調節が未発達なため、外の温度が高くなると体温も高くなってしまいます。

夏には、下着も夏用のうすい生地のものを用意しましょう。

産着も夏用の「絽」という生地があります。

夏用の場合は、使えるシーズンが限定されているため、レンタルがおすすめです。

紫外線対策の帽子も必須です。

お宮参り小物の帽子とは別に、実用的な夏用の帽子を用意しましょう。

通気性、吸水性が良く、肌触りのやさしい帽子が良いです。

◆夏用衣装・写真撮影時の注意点

「絽」は、涼しくて良いのですが、写真撮影をする際には光の当たり具合によって、着物の柄が透けたように写ります。(=柄が薄くなる)

柄をハッキリ写したい場合は、オールシーズン用の着物を選びましょう。

しかし、夏は、お祖母様やママに抱っこされ、産着を羽織った状態は、赤ちゃんにとって、かなり暑いため、衣装を着けるのは記念写真のときだけにするなどの配慮が必要です。

また、真夏・真冬は、出張撮影/ロケーション撮影より、写真館/フォトスタジオでの撮影をおすすめします。

生後間もない赤ちゃんは、体温調節機能が未発達。

暑さ、寒さが厳しい時期に、長時間 屋外での撮影は 控えたほうが良いです。

写真館やスタジオ内なら、天候にも左右されず、エアコンもあるため、赤ちゃんにも 産後のママにも 負担が少なくなります。

スタジオGRACE
リッキーさん

オールシーズン用の産着を夏場に使用する場合は、襦袢(じゅばん)を外し、下着も薄手のものにして、できるだけ涼しくしてあげます。

衣装を着ける時間は、できるだけ短くしましょう。

暑さ対策

  • 夏用の衣装を用意する
  • オールシーズン用なら襦袢を抜く
  • 初着をつける時間を極力短くする
  • 真夏を避け、時期をずらす
  • 屋外での記念撮影は避ける

冬のお宮参り 赤ちゃんの衣装と寒さ対策

寒い時期は下着を温かいものにし、移動中はおくるみや毛布を利用しましょう。

抱っこする人の手が冷えていると、赤ちゃんまで冷えてしまうので、カイロや小さな湯たんぽを持って行くと重宝します。

スタジオGRACE
馬場みのり

赤ちゃんを抱っこする人の体温が下がってしまっているときは、温かい飲み物で腸内の温度を上げる方法が一番。

魔法瓶に温かい飲み物を持っていくと良いですよ。

寒さ対策

  • 産着の下は温かい服装にする
  • 移動中もおくるみや毛布で保温
  • 抱っこする人はカイロなどで手を温かく保つ
  • 体温が下がりすぎている場合は、温かい飲み物を飲み、体温を上げる
  • 屋外の長時間の記念撮影は控える

父親、母親、祖父母の服装は?

  • 赤ちゃんが正装なら、ご両親や祖父母様もフォーマルな装い

ママ、お祖母様の服装

◆ 和装

赤ちゃんが和装なら、ママやお祖母様も和装で合わせると統一感があって、きれいです。

着物の種類は、色留袖、訪問着、色無地など。

父方の祖母は、第一礼装の「黒留袖」でも良いですが、最近は「色留袖」を着る方が多いです。

※着物は着なれていないとしんどいことも。無理をせず体調を考慮して。

◆ 洋装

洋装の場合は、フォーマルなデザインのスーツやワンピースを着ます。

パンツよりは、スカートのほうがフォーマル度は高いですが、最近はパンツスーツも増えてきました。

ママにおすすめなのは、フォーマルなデザインの授乳服。

マタニティから授乳中、卒乳後も着られるので、1着持っておくと便利。

シンプルなデザインを選べば、ジャケット、コサージュ、スカーフなどでアレンジできるので、着回し力抜群です。

お宮参り「ママの服装」授乳中のママもこれで完璧!

お宮参り「祖母の服装」服だけでなく足もとやアクセサリーまでわかる

パパ、お祖父様の服装

女性が和服でも、男性はスーツが一般的。

ブラックフォーマルスーツやダークスーツを着用します。

夫婦の服装の格は、同格で。

男性のスーツやシャツ、ネクタイについてはコチラ

お宮参り「パパの服装」スーツだけでなく小物までわかる

お祖父様の服装について、もっと詳しくはコチラ

お宮参り「お祖父様の服装」インナーからスーツのマナーまで解説

大人の服装 注意点

  • 肌の露出が多い服装や、カジュアルすぎる服装は、NG
  • 素足は、NG

くつを脱いで、建物内へ入ってご祈祷をする場合は、靴下やストッキングをはいていないと入れません。

手持ちのスーツや礼服を着る予定なら、早めに試着しておくと安心

久しぶりに着たらスタイルが変わっていて着れない…なんてことも。

当日、外出前では対応できません。

着物の場合は、シミや汚れ、虫食いなどがないかチェックしておきましょう。

まとめ

お宮参りでの赤ちゃんの服装

  • 着物(産着/お祝い着/掛け着/お宮参り着/のしめ)によだれかけと帽子
  • ベビードレス&ケープによだれかけと帽子

お宮参りの服装に明確なルールはないため、これでなくても大丈夫です。

ただ、神社やお寺という神聖な場所へ行くことを念頭に置いて考えましょう。

真夏の暑さ対策、真冬の寒さ対策は、主に服装で調節しますが、それでは対応しきれない時には、無理せず、時期をずらしましょう。

暑さや寒さで気候が厳しいときは、出張撮影などの屋外での写真撮影は控え、写真館やスタジオを利用したほうが、ママや赤ちゃんの体への負担は少なくなります。