お宮参りの持ち物は?必需品からあったほうが良い物まで

お宮参り持ち物_何を持って行く?

お宮参りの持ち物、「必需品」と「あると便利なもの」をリストにしました。

これを見ながら用意すれば、忘れ物なし。

お宮参りの準備をスムーズに進めるために、ご活用ください。

  • お宮参りに何を持って行けばよいか わからない
  • お宮参りの準備を 速やかに 進めたい
  • 忘れ物をして 困ったことに なりたくない

この記事では、上記の方へ向けて執筆します。

これを読めば、

  • 持ち物リストを 上から順番に チェックするだけで 忘れ物なし
  • お宮参りの準備が 簡単! 迷わずに できる
スタジオGRACE
馬場みのり
  • お宮参りが初めて
  • 赤ちゃんとのおでかけが初めて
  • 着物での外出になれていない

というママは、ぜひご覧くださいネ!

執筆者:数多くの伝統行事に関わってきたスタジオGRACEのカメラマンが、実体験をもとに書いています


■この記事では、以下の内容で、順にご紹介します

  • 赤ちゃんのための持ち物
  • その他の持ち物
  • 持ち物を用意するときの注意点
  • このまま使える!持ち物リスト

はじめに

持ち物は、状況に応じて異なります。

不要と思ったものは、省いてください。

例えば、

  • 衣装をレンタルできる写真館で撮影する場合は、産着は不要。
  • 完全母乳育児で赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる場合は、哺乳瓶・ミルクは不要。

①赤ちゃんのための持ち物

まず初めに、赤ちゃんのお世話グッズを準備しましょう。

男の子も、女の子も、共通です。

  • おむつ替えセット(おむつ・おしり拭き・ゴミ袋)
  • 授乳セット(哺乳瓶・粉ミルク・お湯・白湯・授乳ケープ・母乳パッド・ハンカチやタオル)
  • 着替え(よだれや汗、ミルクで汚れることがあるため2着ほど用意)
  • お宮参りの衣装(お祝い着やベビードレス)
  • お宮参りの小物(よだれかけ、帽子、お守り、のし扇子など)
  • 普段用のよだれかけ(ご祈祷、写真撮影時以外で使用)1~3枚
  • おもちゃ(音が出る物=写真撮影時にあると便利)
  • ティッシュ、ウェットティッシュ
スタジオGRACE
馬場みのり

この他、あると良い物は

  • 抱っこひも(抱っこがラク)
  • ベビーカー(荷物も運べるので移動に便利)
  • おくるみ(暑さ寒さ対策)

おくるみは、巻いておくと「写真撮影時に抱っこしやすくなる」というメリットもあります。

スタジオGRACE
リッキーさん

赤ちゃんは体温調節機能が未発達なため、気温の変化が激しい季節は服装、おくるみ、毛布などでこまめに調整してあげるようにしましょう。

※ベビーカーは、階段や段差の多い神社では使えなくて邪魔になることも。

【 おくるみの選び方 】

生後1~2か月の赤ちゃんなら、小さめのおくるみで大丈夫。

90cm×90cmぐらいのサイズがおすすめ。

ガーゼは、枚数を重ねると、保温性が高くなります。

「〇重ガーゼ」を使う場合は、赤ちゃんが暑くないか、こまめにチェックしてあげましょう。

②その他の持ち物

ご祈祷に必要なもの、ご家族に必要なものをご紹介します。

神社・ご祈祷で必要な物

  • 初穂料
  • 靴下/ストッキング

※ ご祈祷なしで、一般的な参拝だけの場合は不要です。

初穂料の渡し方について

神社でご祈祷をうける場合は、初穂料(お金)が必要です。

お金の渡し方は、

  • 初穂料を現金でそのまま渡す
  • のし袋/白い封筒に入れて納める

があります。

のし袋に入れて渡すのがマナーですが、最近では「現金をそのまま」でOKな神社が増えています。

どうしようか迷ったときは、神社に電話して聞いてみましょう。

スタジオGRACE
馬場みのり

ご祈祷を受けるご予定でしたら

  • ご祈祷に予約が必要か
  • 初穂料に金額はいくらか
  • 初穂料の納め方

を、調べておきましょう。

調べ方は、神社のHPを見るか、直接電話して尋ねます。

スタジオGRACE
リッキーさん

「紐銭(ひもせん)」の文化がある地域では、お金の入った祝儀袋(のし袋/ポチ袋)の穴を開けて、水引を通しておきましょう。

自宅で用意しておけば、神社でお祝い着を羽織るときにスムーズにつけられます。

靴下・ストッキングについて

ご祈祷の際に、靴を脱いで建物内へ入る場合は「靴下、またはストッキング」が必要です。

素足では入れませんので、忘れないようにしましょう。

男性の場合、フォーマルな場では、靴下は「黒」。

丈は、ひざ下か、スネの中間まであるものを選びましょう。

時期によっては必要なもの

【 時期によっては必要な物 】

  • 日傘などの日よけグッズ
  • 上着や羽織るものなどの防寒グッズ

真夏や真冬は、赤ちゃんやママの体調に負担がかかるので、対策をしっかりしましょう。

赤ちゃんに日焼け止めを使う場合は、ノンケミカルの赤ちゃん用のものを使いましょう。

【 写真撮影に必要な物 】

  • カメラ
  • ( 三脚 )
  • お化粧直し用の化粧ポーチ
  • 小さな鏡
  • ブラシやくし
スタジオGRACE
馬場みのり

三脚を使用したい場合は、事前に使用しても良いか問い合わせておく必要があります。

神社やお寺によっては「三脚禁止」というところもあります。

出張撮影を依頼する場合は、神社やお寺に商業カメラマンの撮影が可能か問合せする必要があります。

有名な神社、人気のある神社では、出張撮影を禁止している場合も多いです。

出張撮影禁止の場合は、お参りのあと、写真館(フォトスタジオ)へ行くのがおすすめです。

着物(和装)の場合 持っていると便利なもの

【 着物を着る場合・あれば便利な持ち物 】

ママやお祖母様がお着物をお召しになるようでしたら

  • 大きめのクリップ(お手洗いで裾を上げるため)
  • スカーフや大きめのハンカチ(お食事の際に胸や帯が汚れないように広げる)
  • 小さめのクリップ(お食事の際にハンカチなどを胸元にとめる)
  • 小さなガーゼハンカチ(汗を拭く/汗はシミになるといけないのでこまめに拭きましょう)
  • ばんそうこう(慣れない草履で足の指の間を痛めないよう事前に貼っておくと良い)
  • 履き替え用の足袋/足袋カバー(足元の汚れ対策)

があると便利です

衣装をレンタルする場合の注意点

  • 着物をレンタルする場合は、着る前に必ずシミや汚れがないか確認しましょう。もし、発見した場合はすぐにお店に連絡しましょう。
  • お祖父様やパパの礼服をレンタルした場合も同じです。着用前に必ず確認しましょう。
  • 赤ちゃんの衣装(産着/初着/お祝い着/掛け着/お宮参り着/熨斗目=のしめ)も同じ
  • 汚してしまったときのクリーニング代
  • 破損してしまったときの弁償代

なども確認必須!

~~~~~~~

衣装レンタルなら、汚れても破損しても大丈夫な「安心保障付き」のお店が良いです。

こちらのお店は安心保障があるうえに、送料無料でレンタル代も低価格。

赤ちゃんお宮参り衣装 5日で4480円~。大人フォーマルもあります。

取り扱い商品数業界Nо.1☆DMM.comいろいろレンタル!

持ち物を用意するときの注意点

赤ちゃんとの外出は、何かと荷物も多くなります。

持ち物を用意するときは、次のことに気をつけましょう。

  • どこに何を入れたか覚えておく
  • どこに何を入れたかをパパさんや祖母様と確認しながら準備する
  • 貴重品を入れる場所は決めておく
  • 初穂料は受付ですぐ出せるようにしておく
スタジオGRACE
リッキーさん

とくに初穂料やお食事代などのお金は、どこにあるか覚えておきましょう

お金、カギ、駐車券などの貴重品は場所を決めて収納するように気を付けると良いです

スタジオGRACE
馬場みのり

それから、神社は階段や段差、足元が悪いことも多いので

キャリーケースやスーツケースだと、かえって移動しにくい場合もあります

できれば足元事情は、事前に確認しておいたほうが良いです。

遠方で見に行けない場合は、神社に問い合わせれば教えていただけます

ご家族にお体の不自由な方がいらっしゃるようでしたら、安全のためにも、必ず確認しておきましょう

まとめ このまま使える!お宮参り持ち物リスト

赤ちゃんのお世話グッズ

  • おむつ替えセット(おむつ・おしり拭き・ゴミ袋)
  • 授乳セット(哺乳瓶・粉ミルク・お湯・白湯・授乳ケープ・母乳パッド・ハンカチやタオル)
  • 着替え(よだれや汗、ミルクで汚れることがあるため2着ほど用意)
  • お宮参りの衣装(お祝い着やベビードレス)
  • お宮参りの小物(よだれかけ、帽子、お守り、のし扇子など)
  • 普段用のよだれかけ(ご祈祷、写真撮影時以外で使用)1~3枚
  • おもちゃ(音が出る物=写真撮影時にあると便利)
  • ティッシュ、ウェットティッシュ

この他、あると良い物

  • 抱っこひも(抱っこがラク)
  • ベビーカー(荷物も運べるので移動に便利)
  • おくるみ(暑さ寒さ対策)
  • タオルやガーゼ(予備)

その他のグッズ

  • 初穂料(ご祈祷をする場合)
  • 紐銭(ひもせん)=紐銭の文化がある地域のみ
  • お食事代(お食事をする場合)
  • 撮影代金(出張カメラマンや写真館を利用する場合)
  • 日傘などの日よけグッズ
  • 上着や羽織るものなどの防寒グッズ
  • カメラ
  • 三脚

※三脚を使用したい場合は、事前に使用しても良いか問い合わせておくこと

  • お化粧ポーチ
  • 小さな鏡
  • ブラシやくし

女性が着物(和装)の場合

  • 大きめのクリップ(お手洗いで裾を上げるとき便利)
  • スカーフや大きめのハンカチ(お食事の際に胸や帯が汚れないように広げる)
  • 小さめのクリップ(お食事の際にハンカチなどを胸元にとめる)
  • 小さなガーゼハンカチ(汗を拭く/汗はシミになるといけないのでこまめに拭きましょう)
  • ばんそうこう(慣れない草履で足の指の間を痛めないよう事前に貼っておくと良い)
  • 履き替え用の足袋/足袋カバー(足元の汚れ対策)

これらをまとめて入れる大きめのバッグ数個

スーツケースやキャリーケースは神社の足元の状況を確認してから使用するか決めましょう。

大容量で両手が使えるマザーズバッグは赤ちゃんとのおでかけに超おすすめ。

しっかりとした作りで長期使えるスィートマミーのバッグはコチラ

おしゃれで便利なマザーズバッグがいっぱい!

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村