お宮参りの着物「女の子の産着」購入するときの注意点・購入方法・購入価格

お宮参り女の子の産着_選び方_買い方_注意点

■お宮参り【女の子の産着】選び方や 購入方法について

今回は、「女の子の産着」を買うときの注意点、価格、購入方法、選び方、柄の意味などをご紹介します。

  • 女の子の産着、買ってから後悔したくない
  • お値段や購入方法を教えてほしい
  • 選び方や注意点がわからない

この記事では、上記の方へ向けて執筆します。

スタジオGRACE
馬場みのり

お宮参りは、一生の思い出になる大切なお祝いのイベント。

赤ちゃんの晴れ姿も、とっても楽しみですよね。

女の子の産着は、華やかなデザインが多く、どれも素敵です。

後悔しないように選びたい!という方へお役に立てれば幸いです。

執筆者:数多くの伝統行事に関わってきたスタジオGRACEのカメラマンが、実体験をもとに書いています


■この記事では、以下の内容で、順に解説します

  • 産着を買うのは誰?
  • いつ頃買うのが良い?
  • 産着を買うメリット / デメリット
  • 産着購入の際の注意点
  • 産着のお値段・相場
  • どこで買う?/どうやって買う?
  • 女の子の産着の選び方

はじめに

お宮参りの赤ちゃんの衣装は、いろいろな呼び方があります。

産着(うぶぎ)、初着(うぶぎ)、お祝い着、掛け着、宮参り着、熨斗目(のしめ)など

本記事では、「産着」で統一して、記載します。

産着とは、赤ちゃん用のこういう着物のことです

当ブログで使用している画像は無断転載・無断コピー禁止

記事のURLは、リンクフリーです

産着を買うのは誰?

  • 昔は「母方の実家」が用意するとされていた
  • 現在では、明確な決まりはない

一般的には、昔から「母方の祖父母が用意し、嫁ぎ先へお祝いの品として贈る」と言われており、マナーの本などにも、そう記載されています。

※一部の地域では、「父方の実家」というところも。

しかし、近年では、そのような風習も薄れ、赤ちゃんの両親(パパとママ)が買うことも多くなってきています。

女の子の産着は、いつ頃買う?

女の子の産着と、男の子の産着で違うところは「家紋」の有無です。

一般的に、女の子の産着には家紋を入れません。

ですので、お宮参り直前に 買いに行っても 何とかなります。

でも、余裕を持って、早めに用意しておくのが 安心。

産着を買うのは、性別を見てからでOK

女の子の産着を 購入する時期は、

  • 赤ちゃんの性別
  • お宮参りをする時期

この2点が 決まってからで 大丈夫です。

赤ちゃんの性別は、妊娠中にわかりますが、産着の購入は、出産後、ちゃんと性別を 確認してからにしましょう。

家紋を入れるなら早めの準備が必要

女の子でも 家紋を入れることは あります。

その場合は、背中の部分に1つの家紋を入れる「一つ紋」。

家紋を入れるには、2週間~2か月ほどの期間がかかります。

ですので、赤ちゃんが産まれたら、すぐに産着の用意を始めます。

スタジオGRACE
馬場みのり

基本的に、女の子の産着は、購入後、しつけ糸を取れば、すぐ使えます。

早めの準備が必要なのは、

  • 反物からオーダーする場合
  • 家紋入れをする場合

です。

家紋については、こちらで詳しく解説しています。

産着を買うメリット / デメリット

まず、お宮参りで使う産着を用意する方法を確認してみましょう。

以下の4つの方法が一般的です。

  • 買う(購入)
  • レンタル(貸衣装店・写真館)
  • レンタル(知人・親戚)
  • レンタル(両親や祖父母が使った産着)

レンタルでよくある「シミ・黄ばみ」

知人や親せき、祖父母に産着を借りる場合は、シミ・黄ばみがあることが多いです。

代々使っている産着は、事前に状態を確認しましょう。

【原因】

  • 着物を長期保存は、「着物丸洗い」のクリーニングだけでは不十分
  • 本格的な「汗抜き」が必要だが、していなかった
  • 正絹は、生地の性質上、酸化し、黄ばんでくる

購入の場合は、新品なので、こういう心配はありません。

スタジオGRACE
馬場みのり

購入とレンタルの比較は、こちらの記事で詳しく解説しています。

産着を購入するメリット

  • 新品で美しく、清潔
  • 汚れや破損した場合も自分たちで処理できる
  • 好みの色や柄を選べる
  • 妹が産まれたときにも使える
  • 思い出の品として持っておける
  • 逸品が手に入る/高級感が違う
  • 不要になったらメルカリやヤフオクで売れる

1~6の中でも、1と2は重要なポイント。

なぜなら、産着のレンタルで多いトラブルが、

  • よく見たら大きなシミがあった/汚れがあった
  • ほつれなどの破損があった
  • 汚してしまい追加料金(クリーニング代)が発生
  • 破損してしまい、弁償することになった

…ということが、実際に起こっているからです。

お宮参りで使った産着を 七五三(三歳)にも使えるというのは メリットですが

  • 3歳に着る着物としてなら仕立て直せる/7歳は無理
  • 仕立て直しを業者に依頼するなら費用がかかる
  • 被布コートや小物は用意しなければいけない

…というのをお忘れなく。

スタジオGRACE
馬場みのり

知人や親せきに借りる場合も、お礼やクリーニング代は、お渡しします。

万が一、汚したり、破損してしまった場合、気まずくなることも…。

そう考えると、購入は気兼ねなく使えるし、清潔。

好きなデザインが選べるし、メリットは充分あると思います♪

産着を購入するデメリット

  • クリーニング代、保管用袋などが必要
  • 保管場所が必要
  • 1回だけの使用だと、レンタルより購入費のほうが高くなる
スタジオGRACE
リッキーさん

産着のクリーニング代は、5千円~1万円です。

着物専門のクリーニング店にお任せするのが安心です。

保管用の袋は100円ショップなどでも購入可能。

着物は、着物専門のクリーニング店にお願いしましょう。

専門的な知識がないお店に出すと、縮みなどの事故の原因となります。

しかし、どこに頼んでよいかわからないですよね。おすすめのお店を貼っておきます。お見積りだけでも♪

着物染み抜きお見積り

産着を買うときに注意すべきこと

産着の購入のときは、以下の3点を考えて選びます。

  • 目的に合わせて生地を選びましょう
  • お宮参り小物の有無を確認しましょう

1.目的別 生地選びのポイント

産着には、大きくわけて2つ、

  • 夏用
  • オールシーズン用(春、秋、冬)

があります。

夏用とオールシーズン用の違いは?

  • 夏用=「絽(ろ)」という織り方。通気性が良く、涼しい。透け感がある
  • オールシーズン用=一般的に良く見る産着の生地。透け感はない

絽は、通気性が良く、見た目にも透け感、涼感があり美しい生地です。

しかし、撮影の際は、オールシーズン用ほど模様がハッキリと出ないということがあります。

オールシーズン用は、どの季節にも使えます。

二児ができたら、また使いたい人にもおすすめ。

暑い季節は、襦袢を抜くなどの工夫が必要。

オールシーズン用の生地にも、織り方や染め方など、様々な違いはありますが、ここでは細分化せず、ざっくりと わかりやすさ重視で 書かせていただきます。

夏用も、オールシーズン用も、素材は

  • 正絹(シルク100%)のもの
  • 化学繊維のもの

があります。

正絹は、

  • 優しく心地よい肌触り
  • 自然な光沢があり、通気性、保湿性、保温性に優れた生地
  • 高級感重視の方、着物好きな方にはおすすめ
  • 素材が高級なので、産着の価格は高くなりがち
  • お手入れは、クリーニングが必要

化学繊維(ポリエステル)は、

  • 丈夫でお手入れが簡単
  • シワになりにくく、虫食いの心配もなし
  • 正絹に比べ、安価
  • おうちで洗えるので、経済的
  • 昔に比べ、品質も向上。安っぽさは、少なくなってきている
スタジオGRACE
馬場みのり

専門家でなくても、私たちのように仕事柄、着物やフォーマルウェアを目にする人には、見た目で素材の違いはわかります。

しかし、一般的には、気にならないと思います。

天然素材と化学繊維は、どちらが良いというわけではなく、色・柄・取扱いにおいて、目的に合ったものを選ぶのが賢い選択。

いくら高級品でも、お手入れしきれず、シミや虫食いを作ってしまうと台無しですから。

夏用とオールシーズン用・素材の選び方、具体例

産着の素材別による選び方を 具体的に あげてみます。ご参考にどうぞ。

  • 夏に使いたい → 夏用の生地、またはオールシーズン用で襦袢を抜いて使う
  • 二児、三児が産まれたときも使いたい → オールシーズン用
  • 柔らかな肌触り・高級感重視 → 正絹
  • 着物や和装が大好き、素材にこだわりがある→正絹
  • お手入れ簡単 → 化学繊維の洗える着物
  • 予算に限りがある→化学繊維

2、お宮参り小物の有無を確認

産着を買うとき、お店によっては、サービスで「お宮参り小物がついている」場合があります。

また、別料金でも、産着と一緒に購入すれば、安く買えることがあります。

知らずに、別で買ってしまうとダブってしまったり、損をすることがあるので、条件は必ず確認しましょう。

お宮参り小物の種類

  • 帽子(フード)
  • よだれかけ
  • お守り袋
  • のし扇子(末広)
  • 犬張り子
  • でんでん太鼓

あったほうが良いものは、以下の2点です。

  • 帽子=赤ちゃんを紫外線から守るため、
  • よだれかけ=産着をよだれやミルクから守るため

※写真撮影という観点から言うと、帽子はなくても「よだれかけ」は必須!

赤ちゃんの正装は、「肌着、白羽二重の内着、産着、帽子、よだれかけ」です。

※現代では、白羽二重の内着ではなく、ベビードレスやツーウェイオールを着用するのが一般的。

他の小物は、余裕があれば用意してあげたい縁起物たち。

それぞれの意味や 取り扱いは、別記事で ご紹介しています。

産着のお値段・相場

産着を買うときのお値段は、1万5千円~20万円ほど。

価格の差は、素材や織り方、染め方、刺繍などの違いです。

3万円~5万円くらいの商品が豊富。

せっかくなら良い物を買いたい!という方には7~8万円以上が売れ筋。

産着どこで買う?/どうやって買う?

呉服店や着物を取り扱う店舗が減ってきた近年では、通信販売が主流となってきています。

購入先・購入方法は、以下の5つがあります。

  • 楽天やAmazonなどの大手通販サイト
  • 呉服店のサイトからの通信販売
  • 百貨店へ行く
  • 呉服店・着物店へ行く
  • ベビー用品店へ行く

通信販売のメリットや注意点

出産後、慣れない育児で忙しいママには、とっても便利な通販。

上手に利用すれば、実店舗よりお安くお得に買えることもあります♪

通販のメリット

  • 取扱い商品の種類が豊富
  • 大手通販サイトは、ポイント還元やセールの日がある
  • 24時間いつでも注文できる
  • 自宅まで配送してもらえる
  • 外出せずに買い物ができる

楽天やAmazonなど、大手通販サイトでは、ポイント●倍、クーポン利用など、独自のサービスがあります。

これらを上手く利用すれば、実質安く買えます。

産着の場合は、送料無料のお店が多いです。

例えば、楽天なら以下のバナーに記載されているようなサービスが使えます。

これから必要なベビー用品にも、貯まったポイントを使えるため、年間で数万円得することも。

こまめにチェックしておきましょう。

通販の注意点

  • 画像と実際の商品の色に違いが出る
  • 肌触り、質感がわからない
  • サイズや重量がピンとこない
  • 悪天候により予定通り配達されないこともある

トラブルを防ぐために…

  • 販売ページは、よく読む
  • 疑問点があれば、購入する前に電話などで問い合わせる
スタジオGRACE
馬場みのり

私も、着物の撮影に関わった経験がありますが、「色」を伝えるのは、本当に難しいです。

なぜなら、色の見え方は、以下のようなものに左右されるからです。

  • パソコンやスマホなどの機種の違い
  • 見る人がいる部屋の照明の色
  • 見ている場所の壁紙や床の色
  • 太陽光でも時間帯や季節により色が異なる

私たちは、普段、光の色を意識しませんが、実は けっこう影響を 受けています。

産後、里帰りされているママさんは、お届け先の指定を間違えないように注意!

発送されてから、「あ!」って気づくことがあります。(^^;)

実店舗へ行くときのメリットや注意点

実物を見て、納得してから買えるというのは、店舗の魅力です。

実店舗のメリット

  • 質感や肌触りを確認できる
  • サイズや重量がわかりやすい
  • 不明な点は、すぐスタッフに質問できる

呉服店や百貨店のベテランスタッフなら、知識も深く、いろいろと丁寧に対応してくださいます。

実店舗のデメリットや注意点

  • 他店との比較がしにくい
  • 比較するには店舗巡りしなければいけない
  • 商品の品数が少ない店舗もある
  • おすすめされると断りづらい
  • 定休日、営業時間は確認が必要

店舗へ行く前に、産着やお宮参り小物の取り扱いがあるか、電話して聞いておきましょう。

産着を反物からオーダーしたい方へ

大切な赤ちゃんに、特別なプレゼントをしたい方は、反物からオーダーする産着を贈られてはいかがでしょうか?

私が時々出張で利用させていただくフジタホテル福井の1階に、呉服の佐々木という着物専門店があります。

こちらのお店では、反物から産着をオーダーすることが可能。

また、今では珍しい白生地の産着(女の子は上品な薄桃色)も販売されています。

女の子の産着 選び方

女の子の産着は、色や柄が、とても華やか。

美しいデザインで選択肢も多く、迷ってしまいますよね。

そこで、色から受ける印象や、描かれた柄の意味についてご紹介します。

産着選びのご参考にどうぞ。

お気に入りの産着と出会えますように…(*^^*)

まずは、ざっくりですが、パパやママの好みも話し合っておくと良いですよ。

  • 日本の伝統的な古典柄や吉祥文様
  • 今風のポップな柄や色使い

どちらにするか決めておくだけでも、ずいぶん選びやすくなります。

女の子の産着、色の持つ意味や印象

  • 女の子の産着で、一番人気のあるカラー。
  • おめでたい色
  • エネルギッシュ、活発、元気な印象
  • 赤=魔除けの色

風水では、仕事運アップ、勝負運アップ、健康運アップといった意味があります。

写真写りは、お顔がハッキリとした感じになります。

ピンク・桃色

  • 女の子の産着では、人気の高いカラー
  • 見る人を和ませ、優しい気持ちにさせる色
  • 可愛い、愛らしい、やさしい印象
  • 女性らしさ、愛情の象徴

風水では、恋愛運アップ、人間関係向上といった意味があります。

写真写りは、お顔が優しく可愛らしい印象になります。

白・オフホワイト

  • 神聖な色
  • 平和、祝福の色
  • 美しさ、清らかさの象徴
  • ピュア、純真、素直な印象

風水では、気を浄化するパワーを持つ色とされています。

写真写りは、明るく美しい印象になります。

黄色・クリーム色

女の子の産着に使われる黄色は、淡い黄色やクリーム色が多いです。

  • やさしく、穏やかな印象
  • 明るく、華やかな色
  • 親しみや温かみを感じさせる色
  • 金運、幸福のイメージカラー

風水では、金運アップ、人間関係向上、家庭運アップと言った意味があります・

写真写りは、淡い黄色、クリーム色ですと、明るくやさしい印象になります。

原色に近い黄色ですと、活発で元気な印象になります。

水色・ライトブルー

色白なお子様に似合う水色。ブルー系の中でも、水色は女の子に人気のカラーです。

  • 清潔で、さわやかな印象
  • 甘すぎない可愛らしさを持つ色
  • 涼しげで、美しく、知的な印象
  • 見た人を明るく、すがすがしい気持ちにさせる色

風水では、開放感や希望を表す色とされています。

写真写りでは、肌の白さを引き立て、美人な感じの写りになります。

女の子の産着、柄の意味

どの柄にも、祝福や、子供の幸せを願う気持ちが込められています。

女の子の産着は、全体的に流れるような配置でモチーフ描かれている産着が多いです。

ですので、一つ一つのモチーフを見るのではなく、全体的に見た感じで、お好みのデザインを選ばれると良いでしょう。

ここでは、代表的な柄の意味をご紹介します。

鞠 まり

  • 高貴さ、品性の象徴
  • 健やかな成長を願う
  • すべてが丸く収まりますように
  • どこへ行っても寂しくありませんように

蹴鞠(けまり)は、身分の高い人々の遊び →「鞠=高貴なもの」=高貴さ、品性の象徴

鞠のように「まるまる成長してほしい」→ 健やかな成長を願う

鞠=丸い → すべてが丸く収まりますように

鞠=こどものおもちゃ → 着物に描く=いつも、おもちゃがそばにある=寂しい思いをしないように

鈴 すず

  • 邪気や厄災をはらう
  • 神を呼び、願いを届ける

鈴は、音を出し、邪気をはらい、神様を呼びます。

そして、願いを神に届けるものとされています。

御所車・花車 ごしょぐるま・はなぐるま

  • 富と華やかさの象徴
  • 永遠
  • 幸運、神を招く

御所車は貴族の乗り物 → 富と華やかさの象徴

車輪が回り続ける → 永遠

たくさんの鼻を飾った花車 → たくさんの祝福=幸せ=神様も寄ってくる

牡丹 ぼたん

  • 代表的な吉祥文様
  • 高貴、富、美しさの象徴
  • 女性らしさ、気品の象徴

牡丹は「百花の王」とも言われる花。

最初は、小さくかたいつぼみですが、だんだんと膨らみ、多くの花弁を持つ大輪の花を咲かせます。

女性としての美しさをなぞらえるとともに、大きく成長し、幸せになってほしいという願いがこめられた模様です。

まとめ

女の子の産着の選び方や購入方法について、ご紹介しました。

購入は、レンタルに比べて、費用が高くなります。

しかし、安くて便利なレンタルにも、汚れや破損があったときに、思ってもみなかった出費に つながることがあります。

「衣装のレンタル無料」を ウリにしているスタジオなどでは、こうしたトラブルがあることを 大々的には言いません。

ですので、初めて利用する場合、こうしたトラブルが起こることすら 想像もしないでしょう。

私としましては、写真業界にマイナスになることは、あまり書きたくはありませんが、お宮参りは「お祝いの行事」ですので、トラブルなく、お過ごしいただきたくて、書きました。

現在では、安価なポリエステルの産着でも、ずいぶんと品質が向上しています。

ご予算に限りはあると思いますが、購入されたほうが、トラブルは少ないです。

最後に、私が使ってみて良かった産着をご紹介して終わりたいと思います。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

見た目も美しく、お手入れ・保管がしやすい産着

私も使ってみました!

洗うときは、やさしく押し洗いして、軽く脱水、陰干しすればOK。

長期使ってもきれいですし、色落ちなどもありません。

この洗える産着シリーズは、お値段の違うものが何種類かありますが、どれもお手頃価格です。