夏の宮参り|服装、対策、注意点をわかりやすく解説

夏のお宮参り_服装_暑さ対策_注意点について

6~9月に、お宮参りをご予定の方へ

暑い時期のお宮参り、暑さ対策に悩みますよね。

今回は、服装や暑さ/紫外線対策、注意点などを わかりやすく解説します

この記事は、数多くの伝統行事に関わってきたスタジオGRACEカメラマンが執筆しています

■この記事では、以下の内容で、順に解説します

  • 暑い時期のお宮参りで、気をつけるべきこと
  • 夏のお宮参り、具体的な対策(暑さ対策・服装など)
  • 赤ちゃんやママの負担を減らすためにできること
スタジオGRACE
馬場みのり

赤ちゃんやご家族にとって、記念日となる大切な日。

事前の準備と対策で、快適に楽しく過ごしましょう。

当ブログで使用している画像は無断転載・無断コピー禁止

記事のURLは、リンクフリーです

暑い時期のお宮参りで、気をつけるべきこと5つ

暑い時期のお宮参りで気をつけるべきことは、以下の5つです。

  • 時期・時間帯
  • 紫外線、日焼け対策
  • 水分補給の仕方
  • 服装での、暑さ対策・冷房対策
  • 服装以外での暑さ対策・冷房対策

では、これらのことを詳しくご説明します。

夏のお宮参り、いろいろな対策

上記の5つについて、何をどうすれば良いのか、具体的に、書いていきます。

1. 時期・時間

まず初めに時期ですが、「猛暑なら、時期をずらす」ことも考えてみましょう。

お宮参りは、一般的に、男の子なら生後31日目、女の子なら生後33日目に行うとされています。

しかし、「決まり」では、ありません。

※お宮参りの時期・風習・しきたりなどは、地域や宗教により、異なります。

生後1か月頃が、猛暑の時期に当たってしまうのであれば、時期をずらすのも、ひとつの方法です。

出産後、慣れない育児をこなすママの体調や、体温調節機能が未熟な赤ちゃんのことを考慮し、無理のない計画を立てましょう。

  • 猛暑なら時期をずらすのも良い方法
  • お宮参りの時期には、「決まり」は、ない

「お宮参り、おすすめの時期」については、コチラをどうぞ

お宮参りはいつ行く?ベストな時期は生後〇ヶ月!【お宮参りの時期】

また、お参りをする時間帯も、特に決まりはありません。

  • 午前中の涼しい時間にお参りしましょう
  • ご祈祷を受けるなら、ご祈祷できる時間を調べておきましょう
  • 一般的な参拝だけなら、神社の開門時間を調べておきましょう

※神社のHPで見るか、電話で問い合わせすれば教えてくださいます

スタジオGRACE
馬場みのり

ご祈祷の受付開始や授与所が開くのは、8時半~9時くらい、

神社の門は、5時半~6時くらいに開くところが多いです。

夏場は、8時頃に神社に来て、写真撮影(出張撮影)をしてから、ご祈祷を受け、午前中に帰宅されるご家族も、けっこう多いですよ。

スタジオGRACE
リッキーさん

朝は、涼しいですし、光がやわらかくて、写真も美しく撮影できます。

ご参拝の方も少なく、混みませんので、お参りもスムーズにできて、良いですね。

※授与所(じゅよしょ)とは、お守りやお札をいただく場所のことです

※お守りやお札は「買う」と言わず「いただく」「授かる(さずかる)」と言います

2. 紫外線・日焼け対策

紫外線対策は、年中必要ですが、紫外線量が 多い4月・5月~夏は 必須です。

1日のうちで、紫外線の強い時間帯は、10時~14時。

この時間は できれば、外出を 控えたいところ。

しかし、そうも言ってられませんので、以下のような対策を しましょう。

  • なるべく日かげに入る
  • 日傘をさす
  • UVカットのケープやポンチョを使う
  • UVカット用の帽子を使う
  • UVカット用ブランケット(夏用)を使う
  • ベビーカーにベビーカーカバーをつける

神社によっては、階段や段差、玉砂利、石畳などが多く、ベビーカーが使えないこともあります。

事前に、バリアフリー情報を調べておくと安心です。

スタジオGRACE
馬場みのり

お宮参りの衣装の帽子は、ご祈祷や写真撮影のときだけにして、

それ以外は、通気性・吸水性の良い夏用の帽子を使います。

メッシュ素材とパイル素材を合わせた帽子は肌触りも優しく、おすすめです。

↑ 生地も縫製も、安心の日本製♪

日焼け止めを使うなら…

赤ちゃんに日焼け止めを使うなら、「赤ちゃん用」のものを。

ノンケミカルで保湿力の高い製品を選びましょう。

お肌に優しい「ファムズベビーのエンジェルUVスプレー」は、赤ちゃんにも使えます。

サラサラなのに潤い実感! エンジェルUVスプレー

3. 水分補給

赤ちゃんは、汗っかきなので、夏は 特に しっかり水分補給をしましょう。

また、ママも汗だけでなく母乳で、体の中の水分が失われがちです。

育児で忙しくても、水分補給は後回しにしないで。

ママの水分補給の仕方・ポイント

  • 授乳した後は、コップ1杯のお水を飲む
  • 外出中は、お水を持ち歩き、こまめに少しずつ飲む
  • 冷たい飲み物ばかりだと体を冷やすので注意
  • 水分補給を後回しにしない

赤ちゃんの水分補給の仕方・ポイント

  • 授離乳食が始まる前の赤ちゃんは、母乳やミルクが水分補給
  • 外暑い時期は、こまめに授乳
  • 暑いからと言って冷やしたミルクはNG

完全母乳でなければ、おでかけには、常温で与えられるミルクが便利です。

バッグに入れて携帯していくと良いです。

お水や麦茶は、それで おなかが いっぱいになり、ミルクを 飲む量が 減ってしまうことが あるので、ご注意を。

缶入りタイプのミルクの使い方

  • 開ける前に、缶に破損や汚れがないか確認
  • 缶の口を赤ちゃん用清掃綿などで拭く
  • よく振ってから、開ける
  • 哺乳瓶に入れる

そのままだと冷たいかな?という時期には、40度のお湯で湯煎して使うと良いですよ。

  • 缶入り飲料は賞味期限が長い
  • バッグの中でもつぶれる心配がない
  • 容量が240mlと小さい赤ちゃんには多い

容量が少ないのは紙パックタイプ

  • 紙パックタイプは125ml入り
  • ストローをさして、哺乳瓶にそそぐだけ
  • 約10秒で授乳の準備ができる
  • 紙パックは缶より賞味期限が短い
  • 容量が少ないので飲み残しも少ない
  • 使用後、捨てやすい

4.暑さ対策・服装

赤ちゃんの服装、ママの服装、パパの服装、お祖父母様の服装の順に説明します。

赤ちゃんの服装、衣装

ご祈祷・記念撮影のとき以外や、産着(祝い着/お宮参り着)、その下に着る物などについて、順に見ていきましょう。

◆ご祈祷や写真撮影以外のとき

ご祈祷や記念撮影撮影するとき以外は、どんな服装でもOK。

肌着+カバーオールやツーウェイオールなどを着せる方が多いです。

  • 通気性、吸湿性の良い素材を得選ぶ
  • 着替えさせやすい服装を選ぶ
  • 靴下を履かせるなら、ご祈祷のときだけ
  • 着替えは、数枚持って行く
  • よだれかけは、数枚持って行く
  • 冷房対策におくるみを持って行く

夏向きの素材は、

  • ガーゼ
  • フライス(薄手の物)
  • 天竺(てんじく)=メリヤス(薄手の物)

名前は違いますが、どれも、綿100%の素材。編み方が異なります。

ガーゼは、重ねると保温性が高くなります。

重ね着するときや、複数枚ガーゼが重なった服を着せるなら、暑くならないように注意。

赤ちゃんの肌に触れてみて、暑くないか、汗ばんでいないか、こまめに確認しましょう。

◆産着(初着/お祝い着/掛け着/宮参り着/のしめ)は、どうする?

産着は、必ず着せないといけないものではありません。

しかし、お宮参りでは「定番の衣装」ですし、せっかくの記念なので、着せたいという方も多いです。

夏に産着を着せるときは、

  • 夏用の生地が薄いものを選ぶ(=「絽」)
  • オールシーズン用のものであれば、襦袢を抜いて使う

\ 6~9月の赤ちゃんの衣装 /

夏の産着(お祝い着/掛け着/のしめ/宮参り着)は、「絽」(ろ)という生地のものがあります。

絽は、正装着(フォーマル)にも使われる織り方をした生地で、夏物生地の代表的なものです。

素材は、正絹(シルク100%)もあれば、ポリエステルもあります。

赤ちゃんの衣装をレンタルするのであれば、夏用衣装もオールシーズン用の産着と同じくらいのお値段でレンタルできます。

こちらのお店は、体調不良などによる 予定変更が 可能

赤ちゃんが 急に 熱を出したりしても 大丈夫 (*^^*)

男の子用の衣装には、五つ紋が 入っています。

家紋の指定は 追加料金で 可能。

【夏用の衣装で撮影するときの注意点】

夏用の衣装は、薄くて通気性も良いので、おすすめです。

ひとつだけ、注意点を申し上げますと、「写真を撮るとき、着物の模様(柄 がら)が透けやすく、オールシーズン用の産着ほどハッキリと写りにくい」ことです。

特に、明るすぎたり、光が強すぎると、模様が飛んでしまいます。

着物の模様もしっかりと写したい方は、日が当たりすぎるところを避けて撮影するか、オールシーズン用の産着を使いましょう。

◆産着(初着/お祝い着/掛け着/宮参り着/のしめ)の下は、どうする?

産着の下は、昔は 白羽二重の内着が 正装でしたが、最近は ベビードレスを 着せることが 多くなっています。

しかし、「肌着+ツーウェイオール+ドレス+産着」の重ね着は、ちょっと暑そうと思うなら、「肌着+ロンパース+産着」でもかまいません。

産着をつけると 中に来ている服は 見えませんので、涼しくて、汗をしっかり吸ってくれる服が おすすめです。

大人の服装、衣装

パパ、ママ、ご両家の祖父母様の服装についてです。

大人の服装については、お宮参りに参加する皆様で、服装の格を合わせましょう。

統一感があって、見た目も美しく、記念写真もきれいに仕上がります。

また、見た目だけの問題ではなく、一方が正装、一方が普段着では、失礼にあたります。

神社へお参りする際には、暑いからと言って、カジュアルすぎる服装では、好ましくありません。

神聖な場所へ行くという意識を忘れずに。

お宮参りの主役は、赤ちゃん。

「周りは引き立て役」ですので、派手になりすぎないように 気をつけましょう。

◆夏のお宮参り ママの服装

授乳のしやすさや、動きやすさを考慮して選びます。

【和装/着物】

せっかくの記念だから、着物を着たい!というママは、夏用の訪問着や付下げなどがおすすめ。

「絽」の着物は、サラリとして着やすく、見た目も涼しげです。

夏用の訪問着は、小物もフルセットで、安ければ1万円以下でレンタルできます。

薄いピンクやイエローが人気のカラー。

夏なら、白や水色なども、さわやかで良いですね。

着物のメリット
  • きちんと感がある
  • よい記念になる
  • 格の高い神社やお寺へ行くのにもふさわしい
着物のデメリット
  • 着付けの時間が必要
  • 母乳の場合、授乳ができない
  • 抱っこ紐の装着は難しい

デメリットもありますが、記念撮影をするなら、やっぱり着物はおすすめ♪

一生の思い出になる写真ですから、頑張る価値はありますよ~(≧▽≦)

夏の和装なら
  • 薄手の夏用着物を選ぶ
  • レンタルならフルセット揃っていて、準備も簡単、便利
  • クリーニング代も不要でお得
  • 授乳は哺乳瓶、そのまま使えるミルクが便利
  • 格式の高い神社やお寺へ行く場合は、特に和装はおすすめ