七五三の衣装|5歳男の子の着物「羽織袴」徹底解説

七五三の5歳男の子の着物について

5歳男の子の七五三衣装、着物や袴の種類、選び方、和装小物についても、具体的にご紹介します。

必要なアイテムや、不要なものも記載しますので、無駄なお買い物も防げます。

この記事は、このような方へ向けて執筆します。

  • 5歳の七五三、どんな衣装を着せたらよいかわからない
  • 和装させたいが、着物や袴のことがよくわからない
  • 羽織袴に必要な、揃えるべきアイテムがわからない
  • 羽織袴の選び方や選ぶときの注意点が知りたい

この記事の目的

  • 着物や袴のことがわからない方でも、完璧に七五三の衣装が揃えられるようになる
  • 必要な物、不要な物を知り、無駄遣いを防ぐ
  • 七五三での服装の決まりや、マナーを知る
スタジオGRACE
馬場みのり

これまで、数多くの伝統行事の記念撮影をしてきたスタジオGRACEカメラマンの馬場みのりが、執筆します。

できるだけやさしい言葉で、具体的にご説明しますね!

5歳の男の子、七五三では何を着るべき?

結論から申し上げますと

  • きちんとした服装
  • 正装

具体的には、

  • 羽織袴(はおりはかま)
  • スーツ

幼稚園や保育園に通っていて、園の制服がある場合は、制服でもOKです。

学生の制服は、正装にあたります。

ですので、冠婚葬祭で制服を着るのは間違いではありません。

冠婚葬祭とは

結婚式やお葬式など、人生の節目となる行事のこと。

お宮参りや七五三も冠婚葬祭に含まれます。

七五三は普段着でも良い?

カジュアルな服装でお参りされるご家族もありますが、基本的にきちんとした服装をするのがマナーです。

その理由は、

  • 七五三は、神社やお寺で行う神聖な儀式だから
  • 誰に対しても失礼のない服装で行うのがマナーであり、礼儀だから

七五三は、

  • 子どもがここまで成長できたことへの感謝を神様や仏様に伝える
  • 神様や仏様に、我が子のこれからの健康や成長を願う

この2つの目的のために、神社の方やお寺の方にご祈祷をしていただきます。

神職の方も、僧侶も、正装でご祈祷を行ってくださいます。

ですので、ご祈祷を受ける側がラフな格好や普段着では、失礼です。

主役であるお子様は正装、父親と母親、祖父母もフォーマルウェアが望ましいです。

関連記事

七五三とは?簡単に、わかりやすく解説します

七五三 パパの服装|ユニクロより安いスーツはある?

七五三の写真撮影|ママの服装 おすすめ8選

5歳の七五三で、被布を着ても良い?

  • いいえ、5歳では、被布は着ません

「男の子 七五三 衣装」などのキーワードで検索すると、被布コートが出てくることがありますが、被布コートを着るのは3歳だけです。

七五三とは?」の記事でもご紹介しましたが、七五三とは、3歳、5歳、7歳で行う儀式の総称。

5歳は、「袴着の儀」と言って、大人と同じように袴を身につけ、男の子が男性社会へ入るという儀式です。

ですので、和装をするなら、袴をはきます。

男の子・男性の和装、正装の決まり事

男性の着物は、礼装、準礼装、普段着にわかれています。

礼装は黒の紋付き袴、準礼装は黒以外の紋付きです。

※紋付(もんつき)=家紋が入っていることを指します。

洋装で例えると

  • ブラックフォーマル=黒の紋付き袴
  • フォーマル=黒以外の紋付き袴
  • スーツ=羽織袴

みたいな感じです。

黒の五つ紋付き袴は、明治時代に太政官令によって正装と決められました。

家紋の数

  • 家紋の数は、5つ、3つ、1つの順で、多いほうがフォーマル度が高い

5つの家紋を入れる位置は、背中に1つ、両胸、両袖です。

背中の家紋はご先祖様、両胸の家紋は父親と母親、袖の家紋は兄弟や姉妹、親戚を表しています。

袴(はかま)について

  • 正装のときの袴の模様=たてのシマ模様
  • 袴の形は、二股にわかれていないスカートのような形

小物について

半衿や羽織紐、足袋、草履にハナオは、お祝いの行事ですと「白でそろえる」とフォーマル度が高くなります。

5歳男の子の和装に必要なもの

  • 肌着、または肌襦袢(はだじゅばん)
  • 長襦袢(ながじゅばん)
  • 半衿(はんえり)
  • 腰紐(こしひも)2本
  • 着物
  • 羽織
  • 角帯
  • 足袋(たび)
  • 雪駄(せった)
  • 羽織紐
  • 扇子
  • 懐剣
  • お守り
  • サスペンダー

上記のほかに必要なもの

  • 履きなれた靴やサンダル
  • ハンカチ、ウェットティッシュ

では、ひとつずつ解説していきます。

必要か、不要か、他の物でも代用できるかもご紹介します。

肌襦袢について

  • 肌襦袢は、なくてもOK
  • 普通の肌着で代用できます

肌襦袢は通販で、1500円~3000円くらいで売っています。

七五三でしか使わないなら、買うのはもったいないですよね。

それなら、普段でも着れる肌着で代用しましょう。

肌着の選び方

  • 襟ぐりの深いものだと、着物から肌着が見える心配がなくて良い
  • 色は、白か、肌に近い色がおすすめ

具体的には、こんな感じのものを用意します。

楽天市場 肌にやさしいコットン100日本製肌着シャツ2枚組 998円(送料190円)

ヤフーショッピング 綿100%日本製の肌着2枚組998円(送料190円)

肌にやさしいコットン100%85~90㎝女児

長襦袢と半衿について

  1. 半衿(はんえり)=えり元につける細長い布のこと

半衿は、襦袢に縫い付けて使います。

すでに襦袢に縫い付けられている商品もあります。

主な役割は、「襦袢が皮脂や整髪料で汚れるのを防ぐ」ことです。

男の子の場合、白や水色、グリーンなどが市販されています。

色付きは若干カジュアルな雰囲気になってしまうので、正装の場合は白が良いでしょう。

男の子の半衿で、安くて良い品はこちら。

楽天市場で、税込310円、送料250=合計560円

Amazonでは、税込・送料無料で、580円

[京のみやび]こども用半衿 ポリエステル

ヤフーショッピングでは、税込280円、東京:送料250円→合計530円

男の子 半衿

~~~~~

襦袢(じゅばん)は、お洋服のインナーにあたるもの。

肌着、襦袢、着物の順に着ます。

そで、着丈が長いものを長襦袢(ながじゅばん)と言います。

お子さまには、着丈が短い「袖なし襦袢」が便利。

肩上げなどの調節不要。短いのでお洗濯もしやすく、干しやすいです。

【楽天】洗える袖なし襦袢/男の子用

Amazonユーザーさんはコチラ

七五三男の子用襦袢

ヤフーショッピングならPaypayポイント使える・貯まる

男の子 袖なし襦袢

羽織袴をセットで購入する場合や、レンタルする場合は、半衿や襦袢も、セットに含まれていることが多いです。

購入やレンタルを検討中なら、セット内容を確認してみましょう。

腰紐について

腰ひもは、襦袢と着物の着付けに使います。

  • 襦袢用に1本、着物用に1本の合計2本、必要

腰紐は、安いものでOKですよ。

楽天市場 白無地 1本150円(送料300円)

ヤフーショッピングならコチラ

子ども用腰ひも
スタジオGRACE
馬場みのり

腰紐は、100円ショップには、ありません。

足りない!どうしよう!というときは、ストッキングや包帯で代用できます。

着物と羽織と袴

着物、羽織、袴は、セットで買うか、レンタルするかの、どちらかになります。

価格の相場(着物・羽織・袴・小物フルセット)

  • 購入 1万6千円~20万円くらい(売れ筋は2万円~4万円前後)
  • レンタル 5000円前後~4万円くらい(7千円~1万円が多い)

楽天やヤフーショッピングでの価格です。

お値段の比較は、購入もレンタルも、フルセットで比較しています。

レンタルの場合は以下の2点は必ず覚えておいてください。

  • 安心保障をつけても、ひどい汚れは保証が適用されないお店が多い
  • 破損したら弁償となるケースが多い

~~~~~

実際に、よくあるトラブル

  • 衣装無料のスタジオでも、衣装を汚した場合はクリーニング代が発生する
  • 破損してしまい、衣装を弁償させられた

ブランド物の衣装をウリにしているところは、特に注意。

弁償となると高額です。

~~~~~

神社やお寺の境内は、子どもが遊びたくなる場所

境内には、玉砂利、草木、花、落ち葉、虫、砂などがあります。

小さい子にとっては、遊びたくなる場所です。

出張撮影に行くと

  • 地面にしゃがむ、座る
  • 木にしがみつく
  • 石や砂で遊ぶ
  • 落ち葉やどんぐりを拾う
  • 虫を捕まえる
  • 土や玉砂利の上でこける

などなど、衣装が汚れるお子さまが大多数

中には、

  • 衣装に泥ハネをつける
  • 木に引っかけて衣装を破る
  • 草履を投げる、壊す

というのも見ています。

実際の現場を知っているので、購入したほうが、精神的にも安心」と思います。

しかし、羽織袴は全部そろえると3歳の衣装より高くなるので、購入をお勧めして良いのか悩むところです。

※神社やお寺は、神聖な場所です。お参りする場所で、遊ぶところではありません。自然が豊かで美しいので、お子さんが遊びたくなる気持ちも大変よくわかりますが、遊ぶなら他の場所へ移動しましょう。境内は、公園ではありません。

~~~~~

レンタルの際に注意すべきこと・トラブル防止のために…

必ず事前に、破損した場合や汚してしまったときのことを確認しておきましょう。

  • 汚したときのクリーニング代(具体的な金額まで聞く)
  • 破損したときの弁償代(具体的な金額まで聞く)
  • メールで問い合わせたときは、メールを残しておく
  • 電話で問い合わせたときは、電話した日時と対応してくださった担当者のお名前をメモしておく

~~~~~

購入のときの注意点

絶対確認すべきこと

  • セット内容
  • 肩上げ加工はしているか
  • 袴の裾上げは必要か
  • 家紋を入れるか、入れないか
  • 注文から発送、配達、お届けまでの日数

楽天やYahoo!のショッピングサイトをザっと確認したところ、フルセットと書いているのに、追加が必要な商品がけっこうありました。

  • 半衿がついていない
  • 足袋がついていない

この2点、多かったです。

これって、買う側からすると「フルセットじゃないやん!」って思いますよね。

半衿に関しては、レンタルでもつけていないところもあるので「半衿はなくても良い」みたいな感じですかね…

できればあったほうが、衿元がしっかりして、着付けがきれいにできるのですが…。

着物、襦袢、羽織、これらの肩上げは、必ずしないといけません。

短い袖なし襦袢の場合は加工不要です。

オプションで以下の加工が注文できるようになっているお店もありますので、必要なら忘れずに注文しましょう。

  • 肩上げ加工
  • 半衿縫い付け加工
  • 家紋入れ
  • 衣装を入れる化粧箱

羽織袴の通販での購入は、肩上げなどのオプション料金がかかるので、「思っているよりも高くなった」という方が多いです。

販売ページでは、良い部分ばかりを強調して書いているので、足袋がない、半衿がない、肩上げしていないなどは見落としがち。

買う場合は「このセットだけで良いのか」を考える必要があります。

わからない場合は、お店に問い合わせて直接聞くほうが確実。

届いてから慌てることがないように、注意したいところです。

角帯

角帯は、「かくおび」と読みます。

男性が使う帯の一種です。

袴をはく場合は、袴の下(内側)になります。

表からは少し見えるので、袴と同じ柄で作られたものが、セットになっていることが多いです。

角帯だけを購入するなら、袴と同じような柄を選びましょう。

価格は、千円~5千円くらいです。

とっても簡単で便利なワンタッチの角帯もあります。

七五三でよくあるのは、

  • きつく締めると苦しくて機嫌が悪くなる
  • 帯を結ぶ間、じっとしていられない
  • 動きまくって、すぐに帯がゆるむ
  • 何度もしめなおすのが面倒

など

マジックテープの帯なら、これらがすべて解消できます。

【楽天】ワンタッチ角帯/七五三男の子はかま用

Amazonならこちら

七五三男の子用ワンタッチ角帯

ヤフーショッピングならコチラ

ワンタッチ角帯/男の子はかま用

足袋

足袋を買うなら、足のサイズは、きちんと計ってから、購入しましょう。

一般的な足袋には「こはぜ」という留め具があります。

お子様の場合、留め具がないストレッチ足袋が履かせやすいです。

足袋の選び方

  • 足のサイズをきちんと計る
  • 留め具のない足袋のほうが履かせやすい
  • 足裏に滑り止めが付いていると草履の上ですべらない

安い足袋を検索すると「指割れソックス」みたいなものも表示されることがあるので、注意。

足袋を履かない人には、違いがわかりづらいので、おすすめの足袋のリンクを貼っておきます。ご参考にどうぞ。

楽天市場 子ども用足袋 1足330円(税込/送料250)

Amazon 子ども用ストレッチ足袋 1足500円(税込/送料無料)

こども足袋 子供足袋 ストレッチ 足袋 七五三

Yahoo!ショッピングは、安いのはあるけど、ちょっと全体的に送料高めです。

一番安くて良さそうなのがこちらで1足240円(税込)、送料が360円。

13㎝~子供用ストレッチ足袋すべり止め付き
スタジオGRACE
馬場みのり