お宮参り「祖母の服装」何を着ればいいの? 父方・母方それぞれのお祖母様へ

スタジオグレイス_ブログ_お宮参り「祖母の服装」選び方など

■お宮参り「祖母の服装」父方の祖母、母方の祖母、それぞれの服装の選び方と注意点をご紹介します。

この記事は、このような疑問がある方へ向けて執筆します。

  • お宮参りで、祖母という立場では、何を着れば良い?
  • 父方の祖母、母方の祖母で服装は違う?
  • お宮参りへ行くときの服装の選び方や注意点は?
スタジオGRACE
馬場みのり

数多くのお宮参り撮影で、実際に現場をたくさん見てきた、スタジオGRACEカメラマンの馬場みのりが執筆します。

記事の読み方:パソコン・スマホに標準で備わっている「音声読み上げ機能」を使うと便利。用事をしながらでも内容がわかります。

当ブログで使用している画像の無断転載・コピーはお控えください。

記事のURLはリンクフリーです。

「祖母の服装」 お宮参りの服装を選ぶときに考慮すべきこと

まずは、服を選ぶときに お祖母様の立場で考えるべきことは、7つあります。

  • 相手方のおうちの考え方
  • 考え方が違う場合どうするか
  • パパ、ママ、赤ちゃんとの服装のバランス
  • 動きやすさ
  • 赤ちゃんを傷つけない配慮
  • ご自身の体調
  • 記念撮影のこと

「え~!7つもあるの、面倒くさい」と思わず、ひとつひとつ、わかりやすく説明しますので、ザっとご覧ください。

①相手のおうちの考え方

お参りに 両家のご両親が 参加される場合、父方、母方、双方のご家庭の考え方が 違う場合が あります。

お宮参りのような 昔からある伝統的な行事は、

  • 風習、しきたりを重んじる家庭
  • 風習、しきたりは気にしない家庭

というふうに 考え方がわかれます。

また、服装のマナーについても 考え方が ひとそれぞれ

  • 礼節やマナー、ドレスコード、服装の格を重んじる
  • 服装はあまり気にしない/格やマナーに疎い

これらのことから、事前に しっかりと 話し合っておかないと 後々 問題になり 関係が ギクシャクしてしまうことも…。

お宮参りは、一般的に 3つのご家庭で 行う行事です。

  • 赤ちゃん、パパ、ママ
  • 父方 ( パパ/父親のほう ) の、ご両親
  • 母方 ( ママ/母親のほう ) の、ご両親

各ご家庭の意見を尊重し合い、相談して決めましょう。

②考え方が違う場合、どちらに合わせれば良いの?

  • しきたりを重んじるご家庭に合わせるのが良い
  • 服装もきちんとしたいほうへ合わせるのが良い

理由は、

  • お宮参りとは、本来、「神聖な場所で行う、神聖な儀式」だから
  • ご祈祷は他のご家族とも、いっしょに受ける可能性があるから
スタジオGRACE
リッキーさん

例えば、神社では他のご家族と、一緒になることもあります。

そのとき、きちんとした服装で、きちんとした立ち振る舞いをしていれば

周囲に対しても印象が良く、恥ずかしい思いをすることもありません。

スタジオGRACE
馬場みのり

記念撮影もするなら、お宮参りの写真は、一生残るお写真です。

赤ちゃんのためにも、服装にも配慮しましょう。

お宮参りの服装は、全体的に統一されたほうが、見た目も美しく、記念写真も素敵に仕上がります。

基本的な考え方は…

  • 神社=神聖な場所
  • お宮参りは神様に赤ちゃんの健やかな成長を祈りに行く行事

信仰心の薄い方には「神社に行くのにわざわざ正装するの?」と思うかもしれませんが…。

ご祈祷を受ける際、神職も正装です。

ご祈祷をせず、一般的な参拝だけで済ませる場合も「神をまつる場所(=神様のおうち)に行く」ということを考えると、あまりにもカジュアルな服や ラフな恰好では 行くのは控えましょう。

③パパ、ママ、赤ちゃんの服装とのバランスも考慮

  • 主役の赤ちゃんより派手な服装はNG
  • 着物を着るなら「格」を適切に選ぶ

お宮参りの主役は、赤ちゃんです。

まずは、赤ちゃんの衣装を決めてから、パパ、ママ、お祖父様、お祖母様の服装を 考えましょう。

主役より目立つのは マナー違反です。

赤ちゃんの お祝い着や ベビードレスより 派手にならないよう 注意しましょう。

スタジオGRACE
馬場みのり

父方の祖母 ( パパのお母さん ) は、ご祈祷のとき、「赤ちゃんを抱っこする」という大役がありますが、

それでも、赤ちゃんより、目立つ服装は控えましょう。

スタジオGRACE
リッキーさん

それと、お祖父様(旦那様)とのバランスも大切です。

セレモニーなどに参加するとき、ご夫婦の服装は同格に揃えましょう。

お祖母様が着物を着る場合

父方の祖母(パパのお母様)=ママ・母方の祖母より格上の着物

例えば、父方の祖母が「留袖」なら、ママと母方の祖母は「訪問着」という感じです。

④動きやすさも大切

  • お宮参りでは、お祖母様がママやパパをサポートする場面も多々ある
  • 神社によっては、階段や段差が多い、足元が悪い場所などもある

こういったことも考慮して、服装を選ぶ必要があります。

行き先が決まったら、事前に足元事情を確認しておくと安心。

神社に電話すれば、教えてくださいます。

また、歩きやすい靴を履き、写真撮影のときだけフォーマルシューズに履き替える方も多いです。

一般的に、参拝やご祈祷中は、父方のお祖母様が 赤ちゃんを 抱っこしますので、足元の安全は 特に重要。

赤ちゃんを抱っこすることに不安がある場合や、しきたりを気にしないご家庭の場合は、誰が抱っこしても問題ありません。

神社の階段や段差、玉砂利の画像

神社は階段や玉砂利が多く、歩きにくい場所も多いので、足元には充分、お気を付けください。

⑤赤ちゃんを傷つけない配慮を

ネックレスやコサージュ、ブローチなどのアクセサリーは、赤ちゃんを抱っこしたときに、お顔に当たって傷つける恐れがあるため、注意

安全対策としては、柔らかい素材のコサージュや、角の無いアクセサリーを選びましょう。

または、アクセサリーをつけずに持参し、記念撮影のときだけつけるのも 良い方法です。

⑥ご自身の体調

  • 体調や体の状態によって、無理のない服装、負担の少ない服装を選ぶ

例えば、足が悪いのに、無理をしてパンプスを履く必要はありません。

記念撮影をする場合は、フォーマルシューズを持参し、写真を撮るときだけ履き替えればOKです。

⑦記念撮影のこと

お宮参りの記念撮影をご予定でしたら、次のことに注意しましょう。

七五三の時も共通する注意事項です。

写真館や写真スタジオの場合

写真館や写真スタジオで撮影する場合は

  • 全身、写る可能性があります
  • 前列で、椅子に座って撮る場合があります

ですので、足元が写ることを考えておきましょう。

具体的な対策としては

  • ストッキングは、必ず着用
  • タイツの場合は、毛玉のないものを
  • 運動靴で行く場合は、フォーマルシューズを持って行き、履き替える
  • 椅子に座るかもしれないので、スカート丈に気をつける

スタジオGRACE
リッキーさん

きちんとした記念撮影の場合、父方のお祖母様が赤ちゃんを抱き、前列に座ります。

そのとなりに、母方のお祖母様が座ります。

家族写真では、年齢の高い方や女性が前列に着て、着席することが多いです。

スタジオGRACE
馬場みのり

よく、「え~!前に座ると思ってなかった~!」

「足元まで写ると思ってなかった~!」という声を聴きます。

ですので、全身、写真に写るつもりで行くと良いでしょう。

↓↓↓ 並び順はこんな感じです。これで、全身写ると思ってください。

スタジオGRACE_宮参り撮影のならび順_イラスト
スタジオGRACE_宮参り撮影のならび順_イラスト

この並びは、両家の皆さまで撮影する場合です。

前列のお祖母様は椅子に着席、後列の皆様は立ちます。

パパ、ママ、赤ちゃんだけで撮影するときは、

  • パパとママが着席して、ママが赤ちゃんを抱っこ
  • パパが立って、ママが着席して赤ちゃんを抱っこ

のどちらかです。

どちらにしても、パパとママも足元まで写ります。

靴や靴下にまで配慮しましょう。

出張撮影の場合

出張撮影では、お宮参りの様子、全体を撮影します。

ですので、全身、いろんな角度から写ります。

写真館の場合は、前からだけですが、出張撮影ですと、横や後ろからも撮影されます。

スタジオGRACE
馬場みのり

写さないでほしい部分があれば、

「顔のアップはイヤ」とか、「足元は写さないで」など

予めカメラマンに伝えておきましょう。

父方の祖母、母方の祖母で服装が違う?

お祖母様の服装は、父方の祖母と 母方の祖母では 「格」が違うのでしょうか?

「それって昔の話でしょう?」と思うかもしれませんが、実際には 今でもそういった習慣は 残っています

お宮参り撮影をしていると、母方の祖父母は、記念撮影にすら 写らないというご家庭もあります。

薄れつつある習慣ですし、そんなの気にしないという方も増えてはいますが、知識として 知っておいて損はないですよ。

お宮参りのしきたりと服装

昔のお宮参り(お初参り)は、「赤ちゃん、父親、父方の両親」だけで、神社へお参りに行く「父方の行事」でした。

母親や 母方の祖父母が 参加するようになってからも、父方の両親は、母方の両親より 格が高い装いで お参りに 行くことが 多かったようです。

スタジオGRACE
馬場みのり

現在でも、しきたりを重んじるご家庭では、母方の祖母より、父方の祖母のほうが格の高い服装でお宮参りに行きます。

スタジオGRACE
リッキーさん

具体的には、

父方の祖母=黒留袖

母方の祖母=訪問着

といった感じです。

最近では、お宮参りに「黒留袖」を着用される方は少なくなり

紋付の色留袖や訪問着が主流となっています。

お宮参りのしきたりを気にしない場合は…

  • 父方の両親も、母方も両親も、しきたりを気にしない場合、服装は同格でOK

赤ちゃんに、お祝い着(産着/お宮参り着/掛け着/初着)を着せるなら、

「しきたりは気にしない」というご家庭でも、礼服ではなくても良いので、きちんと感のある服装で参加しましょう。

赤ちゃんのお祝い着は、「正装」です。

子どもが正装なのに、周りの大人たちが普段着というのは、少し違和感があります。

お宮参り 祖母の服装 選び方

和装の選び方、洋装の選び方を それぞれ順にご紹介します。

「着物は、種類が多くてわからない」という方も大丈夫。

かんたんで見分けやすい特徴を書きます。

その後、おすすめのスーツやワンピースについては、後半になりますので、着物は着ないという方は、ジャンプしてご覧ください、

和装(着物)について

  1. 黒留袖
  2. 色留袖
  3. 訪問着
  4. 付け下げ
  5. 着物の選び方

の順にみていきましょう。

黒留袖(くろとめそで)

  • 生地が黒で、すそに模様が入った着物
黒留袖の特徴
  • 上半身は模様のない無地
  • すその模様は、つながり模様(絵羽模様)
  • 紋(家紋)が五つ入っています
  • 既婚女性の第一礼装

父方のお祖母様(パパのお母さん)は、和服で正装であれば、黒留袖が定番でしたが、近年のお宮参りでは、色留袖や訪問着を着用される方が、増えています。

着物は、幅広い体型に合わせられるのも魅力。

40代、50代、60代におすすめの黒留袖 この模様、素敵です

格調高い黒留袖。着る機会が少ないならレンタルがおすすめ。

袋帯、帯締め、帯揚げ、その他、必要な小物が全てそろったセット。

末広もちゃんと入っています。

スタジオGRACE
馬場みのり

黒留袖は、結婚式で よく見る着物ですね。

それ以外では、なかなか着る機会がありませんが、父方のお祖母様ならお宮参りに着ても良い礼装です。

黒留袖 着用の注意点
  • 格式高い黒留袖は、合わせる帯や小物にも決まりごとがある
  • 着物に対しての知識が深い人であれば、ご自身で用意可能
  • そうでなければレンタルが無難

レンタルなら、必要なものは全てセットになっており、決まりごとやマナーを気にする必要もありません。

もし、黒留袖を着るのであれば、レンタルがお得で便利。

わからないことは、お店に尋ねれば 詳しく 教えてくださいます。

色留袖(いろとめそで)

  • 黒以外の生地の留袖
  • 既婚女性、30代以降の未婚女性の正礼装、準礼装、略礼装

※紋の数によって格が変わります

色留袖の特徴
  • 上半身は模様のない無地
  • すその模様は、つながり模様(絵羽模様)
  • 紋(家紋)は、五つ、三つ、一つ、なし

家紋の数による格

  • 五つ紋=正礼装(黒留袖と同格)
  • 三つ紋=準礼装
  • 一つ紋=略礼装

色留袖 お宮参りで人気があるのは淡い落ち着いたカラーです。

華やかな大人の装い、色留袖。

主張しすぎない色と模様が上品で素敵。生地は正絹。

必要な小物がすべてセットになってバッグに入っているので、準備も手間取りません。

訪問着(ほうもんぎ)

  • 年齢や既婚・未婚にかかわらず着ることができる着物
  • 合わせる帯や小物により、フォーマルにも、カジュアルにも幅広く着用できる
訪問着の特徴
  • 上半身や袖にも模様がある←つながり模様(絵羽模様)
  • 準礼装から略礼装にあたる着物
  • 紋をつけたものは「格」が上

母方のお祖母様(ママのお母さん)は、訪問着や付け下げが良いでしょう。

訪問着 色選びに迷ったら、赤ちゃんのお祝い着に合う色を選ぶと良いですよ。

訪問着は、上半身にも柄が入っているため、選び方を間違えると主役より派手になってしまいます。

訪問着を選ぶときは、主張しすぎない色や、控えめな柄を選びましょう。

付け下げ(つけさげ)